城山手の花

2022/09/03

緑地保全(倒木処理と草刈り) 9月2日 

今回は、保全地域サポーターに保全作業体験をしてもらうための準備を行いました。

サポーターには、馬頭観音からフェンス内に入ったところの倒木の処理、ナラ枯れの木のラップ巻きをしてもらいます。
対象の木の周辺の落枝片付け、草刈り、作業の邪魔になる枝の処理を行い当日の体験作業がすぐに行えるようにしました。

まずは落枝を片付け草刈りができるようにします。
Rakushi1

草刈りしながら対象の木にたどり着くのも大変でした。
Kusakari2 Kusakari1

倒木の枝を切り取り、周辺を片付けます。
Toubku1Sagyou2_20220903140101Sagyou3_20220903140101

片付けと草刈りを並行して行なっていきます。
Sagyou_20220903134801

ちょっと休憩。
Kyuukei_20220903135401

近くのハナイカダの実は黒く熟してました。
Hanaikada_20220903135501

草刈りを進めますが竹林に向かう道がすっかり草に覆われています。
Kuskarimae

刈払機2台で道の草刈りをしました。
Kusakari3

ヤブランが咲いてます。
Yaburan_20220903135801

ミミガタテンナンショウの真っ赤な実が目立ちます。
Mimigata

落枝が散乱している場所があったので、集積場所に片付けました。
Shori2 Shori3

馬頭観音から竹林までの道の草刈りを終え、サポーターの受け入れ準備が整いました。
Kusakariafter Kusakariafter2  

| | コメント (0)

2022/08/28

緑地保全(カエンタケ確認、実生保護など) 8月27日

八王子長房緑地の裾野広場からカタクリ山の範囲で、ナラ枯れの木の根本にカエンタケが発生していないか確認しました。
Kaentakekakunin1 Kaentakekakunin2 Kaentakekakunin3 Naragarekakuninn

雨が少なかったおかげか今回カエンタケはありませんでした。
続いて裾野広場の枯損木の処理をしました。
Touboku1_20220828080901 Toubokushori

暑いのでこまめに休憩し水分補給。
Kyuukei

側にあったツリバナの実は赤く色づいてました。
Tsuribana2 Tsuribana4

今回の作業の最後はコナラの実生を保護するための囲いの中と遊歩道の草刈り。
実生を保護するために囲ったのですが、他の草の方が勢いが良く、このままではコナラの実生が育ちません。
Hogomae1

鎌を使い丁寧に手刈りします。
Hogosagyou3 Hogosagyou1 Hogosagyou2  

これぐらい周囲を刈り込めば実生が育ってくれそうかな? 当分は試行錯誤です。
Hogo1 Hogo2

作業前は遊歩道がどこだか分からないほど草が茂っていました。
Tuuromae

刈払機で遊歩道の草刈りをして通りやすくなりました。
Tuuro1

この日予定していた作業を全て完了し、暑かったので早めに活動を終えました。

| | コメント (0)

2022/07/23

ナラ枯れ対策 7月23日

今日は暦で大暑。本当に暑い!!

暑さに負けずに活動しました。

緑地ではヤマユリが満開。自分の花の重さに耐えられず倒れている株が多く、かわいそうなので竹で支柱をつけましt。
16479228063841 16479226187940

コナラ、クヌギの実生が大きくなっているものは、周辺を草刈り。
16479226521330

カタクリ園はすっかり草が伸び、キツネノカミソリも咲き始めていました。
16479226703632

緑地に近い住民から「ナラ枯れとなった木が倒れて住宅に被害が出る恐れがあるので伐採してほしい」と、東京都に相談があったとのことで、実際の状況を多摩環境事務所に報告するための現地確認が今日の活動目的の一つです。。
対象の木は道路脇フェンス内の都有地にあり、道路を挟んで住宅が建ってます。
16479207301671 16479210276834

フェンス内で確認・作業をするためには、いったん尾根に上り、対象の木のところまで降りなければなりません。
尾根に登ったところで水分補給のため休憩。暑いです。

対象の木は、今年ナラ枯れになった木で、根本から分かれた2本の幹のうち1本の葉が全て枯れています。
(1本が全枯れの状態で、もう片方は今のところ葉は枯れていません)
16479217537919 16479214574905

根本には大量のフラスがあります。
16479217925747

枯れている枝はみんな道路側に伸びており、すぐに落ちそうな枝は今のところありませんが、来春には落枝が確実に始まると思われます。
それ以前にも台風等で落枝がある可能性もあり、道路上に落下すると大変危険です。
16479218137179

東京都にはできるだけ早く伐採するのが望ましいと報告するつもりです。

来春まで伐採されない場合も考慮し、私たちが実施できる対策として、カシナガが飛び出すのを抑制するためのラッピングを行いました。
16479222167511 16479222503593
16479222683871

16479234111159

ひと仕事終えて休憩。熱中症にならないよう、こまめな水分補給が必要です。
16479291324686

もう一つの活動目標は、ナラ枯れの木の根本に生えるカエンタケの除去。
今回は無理をせずに、カタクリ園から上がった区域の対象木を確認しました。
まずは目的の木に行くための通路の草刈りをします。トゲのある草とツル植物が茂っており大変でした。
16479230260209

続いてナラ枯れの木の根本周辺を草刈り。
16479230520547 16479231882632 16479232168295

根本をしっかり確認します。
16479230696421 16479232327380

今回は1本の木の根本にカエンタケが生えていたので、除去しました。
16479230851235

カエンタケは素手で触ると激しい炎症を起こし、誤って食べると命に関わることもあり大変危険です。
見つけても触ったりしないようにご注意ください。

 

| | コメント (0)

2022/07/11

ナラ枯れ伐採、ヤマユリ保護など 7月9日

先週に続き、遊歩道沿いのナラ枯れの伐採を行います。
伐採する木をコントロールするためにロープをかけるための新兵器?を試しました。
まず、細いロープに付けたボールを投げて、枝に引っ掛けます。
16399734473541

ボールを捕まえ、太いロープを結んでから引っ張れば、太いロープを幹に巻きつけて引っ張ることができるようになりました。
16399735301666

無事に倒した後は、枝を払って玉切りにします。
16399736037612 16399736557268

ちょっと一休み。
16399735674382

太い幹は遊歩道沿いに並べました。
1639973686593416399736975894

昨年カシナガが入ったのでラッピングした木には、カシナガが出た形跡がありました。
多少でも飛散が抑えられていると良いのですが・・・
16399736030569

コナラの実生を保護しているエリアの草刈りも行いました。
16399735586620

ヤマユリが咲き始めました。
16399736588427

遊歩道沿いに蕾の重さで倒れているヤマユリが数本ありました。
16399736818921

ササで支柱を作りました。
1639973754904316399737351413

作業終了。お疲れ様!
16399737377671

| | コメント (0)

2022/07/08

緑地の植物(7月8日)

緑地には夏の植物が咲いてます。

オオバノトンボソウ。
Img_6006

不思議な形です。
Img_6011 Img_6007 

ヤマユリはまだ数株しか咲いてませんが、これから一斉に咲きそうです。
Img_6023

オカトラノオの群生もあちこちにあります。
Img_6027

| | コメント (0)

2022/05/07

緑地保全(コナラの実生保護)と緑地の花 5月7日

先週に続いてナラ枯れ対策のためにコナラの実生を育てる護柵を設置する作業を行いました。

はじめに日照の状態が良くコナラの実生が育ちそうな場所を探しました。
16044117398906 16044119347234

次に保護する区画を決めて4隅に杭を打ちます。
16044118843549 16044118390242

杭を打ったらロープを張って囲って完成。今回は15区画を囲いました。
16044120633971 16044117822191

ひと仕事終えて休憩。奥に咲いてたヤマツツジを撮ろうとしたのですが、おじさん達がいて近づけませんでした。(ウソです)
16044121067853

ウグイスカグラの実が赤くなってきました
16044121249873

ハンショウヅはが緑地のあちこちで咲いていました。
16044121361929

来週の活動用の竹杭を作るため、竹林で竹を切り出し、倉庫に運びます。
16044121480476

倉庫前で竹を割り竹杭を作り、20本ずつの束にして格納しました。
16044121643211

来週も別の区域で実生保護の活動を行う予定です。

| | コメント (0)

2022/04/30

緑地保全(コナラの実生保護)と緑地の花 4月30日

城山手親林の会では、今年度からコナラとクヌギの実生を積極的に育てることで里山再生を図ることにしました。
八王子長房緑地保全地域では2020年からナラ枯れが発生しており、カシナガトラップ設置や飛散防止のためのラッピングなどの拡大防止策を実施してきましたが被害の拡大は止まっておらず、落枝や倒伏の危険がある木が多い区域では安全確保のため伐採を進めています。
しかし、現在の里山は伐採による樹木の更新のサイクルとはかけ離れた状況が続いたため、伐採後の雑木林が萌芽更新といった自然の力だけで回復することは期待できません。今年度は里山の再生に向け実生を育てるための取り組みを行います。

周囲の樹木の茂り具合や日照を考慮して実生の苗木を保護するスポットを選定することにしました。
16004626034817

選定したスポットの周囲に竹杭を打ち込み、ロープで囲います。
16004626375489 16004626561192
16004626940812 16004626744917

ちょうどキンランやギンランが咲いている季節なので、ゆっくり観察しながら休憩。
16004629812908 16004630286052

Img_5892Img_5888 

Img_588916004630462376

16004630628657 16004630136772

ツリバナが風に揺れてました。
Img_5885 Img_5886

保護することにした実生が数年後には大きく育ってくれることを期待してます。
16004630777517

エビネが満開、見頃でした。
Img_5893 Img_5894

| | コメント (0)

2022/04/25

緑地の花と自然 4月25日

八王子長房緑地保全地域の花が一斉に咲き始めました。
キンランの群生。
Kinranngunsei Kinran Kinran02_20220425143601

この株は今が見頃です。
Kinran01_20220425143601

エビネたちも咲き始めました。
一番元気なエビネ。
Ebine03_20220425143901

白いエビネ。
Ebine011 Ebine012

ピンクのエビネ。
Ebine021 Ebine022

派手さはないけど可愛らしいチゴユリとホウチャクソウ。
Chigoyuri_20220425144501 Houchakusou_20220425144501

名前が高貴なフタリシズカとジュウニヒトエ。
Futarisizuka_20220425144801 Junihitoe

陵東公園の池の木にはモリアオガエルの卵がつきました。昨年、池の水を抜いて掃除するのをGW前後から冬場に変更するよう公園の指定管理者に要請し、先日池の水位も上げてもらったので今年は無事育ってくれると思います。
Moriaogaeru

| | コメント (0)

2022/04/23

八王子長房緑地の自然

八王子長房緑地保全地域では、東京都の自然体験プログラム「里山へGO!」を4月16日に行いました。
1週間後の今日、里山へGO!の開催時にはまだ蕾だったエビネが咲き始めていました。
Img_5814

もうすぐ満開の株もありました。
Img_5811 Img_5812

イチリンソウとミミガタテンナンショウ。
Img_5817

イチリンソウの向こうにはニリンソウの群生が満開。
Img_5819

イチリンソウの群生のある斜面には里山へGO!で参加者が付けたウグイスカグラの樹木札。
Img_5823 Img_5822

こちらはツリバナと樹木札。
Img_5826 Img_5827

あと一種類の樹木札を付けていただいたハナイカダも実が大きくなるこれから楽しみです。

| | コメント (0)

2022/04/16

自然体験プログラム「里山へGO!」を開催 4月16日

東京都自然体験プログラム「里山へGO!」を八王子長房緑地で開催しました。今週後半は雨が続き、今日も朝早くはまだ降っていたので心配しましたが、無事に開催できて本当に良かったです。

もみじ公園の開会式では東京都の保全地域についての説明がありました。
15926132422710 15926132824255

その後、2班に分かれて自然観察に出発。都会ではなかなか出会うことができない植物をいろいろ見ていただきました。
竹林では竹の除伐やタケノコ盗掘防止の話をしましたが、タケノコを実際に見つけてお子さんも大喜びでした。
15926132999130

休憩後は、植物探し・名前当てゲームをしました。
出題者が指定した植物を探して、その植物と一緒の写真を撮ったら、スタッフに写真を見せて植物名を正しく言えたら正解というゲームです。
15926133185272
第1弾は「ミミガタテンナンショウ」、これはすぐ見つかるのですが名前が言いにくい。それでも小学校1年生のお子さんも大きな声で間違いなく言えました。素晴らしい!!
好評だったので第2弾を実施。「ミヤマナルコユリ」、今度は見つけるのが一気に難しくなりました。花が未だ咲いておらず蕾だったので、よく似たナルコユリやアマドコロでもOKとしましたが、皆さん真剣に探してくれました。

自然観察の続きでは、またまた珍しい草花を見ていただきました。
15926133352126
15926137028523 15926133513549

最後は、樹木に名札を付けていただきました。
名札付け対象に選んだ樹木は「ハナイカダ」、「ウグイスカグラ」「ツリバナ」。
写真と実物で説明して、同じ種類を探して札をつけていただくことにしましたが、皆さん細かい特徴までしっかりと観察して名札をつけていました。

今回の「里山へGO!」は、残念ながら締切後のキャンセルが多かったようで15名の方の参加でしたが、逆にゆっくりとご案内することができたのは良かったかもしれません。いろいろ準備したのが報われた楽しいイベントでした。
15926133589341

| | コメント (0)

より以前の記事一覧