« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年7月

2021/07/31

緑地の植物 7月31日

緑地のあちこちにキツネノカミソリの花が目立ちます。希少種に位置付けられる植物ですが、ここの緑地ではどんどん生息場所が広がっています。
Img_5357
Img_5367 Img_5366

こんなキノコを見つけました。ヒメツチグリかと思います。
14488630629030
Img_5359

ヤブカンゾウの鮮やかな色の花も目立ちます。
Img_5372 Img_5371

ヤマホトトギスの花も咲き始めました。
Img_5365 Img_5363
Img_5362 Img_5361

| | コメント (0)

カシナガ捕獲トラップ洗浄 7月31日

今日は緑地に仕掛けてあるカシナガ捕獲トラップの洗浄を行いました。
先週は草刈り作業に専念しトラップのメンテをしていません。カシナガの飛散する時期を過ぎ、今年のトラップの役割はそろそろ終わりですが、トラップは撤去しません。トラップの中に捕獲されたカシナガやフラスが残っていると腐敗臭がひどいので、全て洗浄することにしました。
14488613887681 14488613565757
トラップの中に溜まった葉っぱ、フラスや濁った水を掻き出して、ペットボトルから水を注いで洗浄していきます。
14488613726688 14488614029979
14488626161441
蒸し暑い中での作業であっという間に汗が吹き出します。
14488627978202

ナラ枯れのコナラの根元には、カエンタケがまだ発生しています。
14488630928849
14488631143906 14488631048178

昨年発生したナラ枯れが拡大するのを少しでも抑制できればと、親林の会ではカシナガ捕獲トラップを仕掛け、メンテナンスを行ってきました。今回で今年のトラップ関係の作業は一旦終わります。
大量のカシナガを捕獲し、飛散を多少は減少させることができたかと思いますが、残念ながら今年もかなりの被害拡大が見られます。
14488627770327 1448862757799014488630738744

ナラ枯れで里山の木が枯れていくのをボランティアの活動だけで防ぐことはできません。枯れてしまった木を伐採し、緑地域外に搬出するのは東京都にお願いしておりますが、これだけ大量のナラ枯れが発生していると厳しいものがあります。
ナラ枯れ後の里山再生のためには、コナラ林の実生による更新に取り組んでいくことが必要です。
昨年のどんぐりから発芽したコナラが林床にびっしりと生えています。コナラ林の更新にこの苗を活用していきたいとを考えています。
14488625648763 14488625840921 14488626003279

| | コメント (0)

2021/07/25

下草刈り、カエンタケ除去 7月24日

24日は、カタクリ保護区の上にある斜面で、あちこちに積み上げられている枝を集積する準備のために、草刈りを行いました。
3台の刈払機を使って草刈りを始めましたが、この区域は2年ほど作業をしていないため、胸の高さまで蔓性の植物やトゲのある草が茂っていました。
14448658310622 14448658496941

刈払機に蔓が絡まり、思うように刈り取りができません。
14448658636591 14448658906665

足にも蔓が絡まり、とげが腕や脚に刺さります。
14448658774876 14448658993982

14448659112763 14448659302958

草刈りでナラ枯れの木の根元が確認しやすくなりました。
14448659471228

まだ、カエンタケが出ていたので駆除しました。
14448663969071

非常に暑かったので、こまめに休憩し水分補給しました。
14448661180387

以前から落枝を集積していた場所の周囲に杭を打ち、集積場所をわかりやすくしました。
14448660987915

草刈り作業が進み、刈り取った草を集め始めましたが、トゲのある草が混じっているので、抱えて運ぶことができず大変です。
14448661304738

かなりの範囲の草刈りを行うことができましたが、この区域でもう1回は作業が必要です。
14448661482807 14448661648431 14448663197189 14448662410422

 

| | コメント (0)

2021/07/19

緑地の植物など 7月17日その2

遊歩道沿いのヤマユリが見頃です。
Img_5332
Img_5333

今年もタマゴタケが元気に勢揃いしました。
14408954581262
小さな卵が顔を出した。
14408954794355
殻が割れた茹で卵のような形。
14408954685460
真っ赤なキノコが伸びた根元には殻が残ってます。
14408954884646 Img_5343
このキノコは毒はありませんのでご安心を!!
Img_5334 Img_5337 Img_5340 Img_5341

林床には昨年のどんぐりから生えたコナラの実生が一面に生えています。昨秋は草刈り後に地表が現れるまで落ち葉かきをしたので、どんぐりが発芽しやすい環境になったのだと思います。
144089631763871440896812949614408967991900

一方でカシナガによるナラ枯れが今年も新たに発生しており、コナラのまだ青い葉っぱが落葉している木があります。
昨年までの被害と併せて今年も調査、確認を行う必要があります。
14408959899104 14408959795373

| | コメント (0)

カシナガ捕獲トラップ洗浄と草刈り 7月17日

参加者が多かったのでカシナガ捕獲トラップの確認作業と散策路の草刈りに別れて効率良く活動できました。
先週(10日)は、カエンタケの除去作業のみでカシナガ捕獲トラップのメンテナンスができなかったので、トラップには捉えたカシナガやフラスなどが溜まり固まっており、物凄い臭いを放ってました。
全てのトラップについて、中身を掻き出し、水で洗って、捕獲用の石鹸水を入れる作業を行いました。
14408943038801 14408948463886
Img_5331

カシナガ捕獲トラップの確認作業と併せてカエンタケの確認と除去作業も行いました。
ナラ枯れの木の根元を注意深く探し、見つけたら触らないように除去し、袋に入れます。
14408942902930 14408943152427
今週も4本の根元にカエンタケがありました。
14408946099743 14408946234406 14408946567506 14408948775744

散策路は、ササが伸びて場所によっては歩きにくくなっていたので、とりあえず東西のメインの散策路(尾根路)の草刈りをしました。
Img_5329 Img_5330
散策路沿いのヤマユリが満開でした。
14408943251762

猛暑の中なので、適宜休憩し水分補給しながらの作業でした。
14408948628203

| | コメント (0)

2021/07/10

猛毒キノコ カエンタケ注意!

城山手の緑地(八王子長房緑地保全地域)に猛毒キノコのカエンタケが発生しました。
触るだけでも皮膚に炎症を起こす、非常に危険なキノコです。食べると死ぬこともあります。
2021r30709

東京都環境公社の巡視員の方がナラ枯れとなっている木の根元で発見。すぐに情報連携され、このとき発見されたものは8日に多摩環境事務所が除去処理してくださいました。
本日(10日)、他にも発生している可能性があるため、親林の会が注意喚起の掲示とナラ枯れの木の全てを確認することにしました。

緑地の3ヶ所の入口に注意喚起を掲示。
14368128479294 14368110487860 14368110339130

カタクリ保護区域横の階段を登ってすぐの場所にあるナラ枯れから確認を開始しましたが、まさかと思った1本目にカエンタケを発見しました。その後もカタクリ山の裾野広場などで合わせて4本の木の根元にカエンタケを見つけました。
14368114964122 14368115120034 14368115203868 14368115298182

見つけたカエンタケは手に触れないように注意し、火バサミで摘み取り除去し、ビニール袋に入れて持ち帰って焼却処理しました。
14368122226997 14368122518925 14368156174963 14368119614203

久しぶりに歩いた緑地では、植物がすっかり夏の様子になっていました。
満開のヤマユリが花の重さでお辞儀をしています。
14368125121996
タマゴタケも大きくなってました。真っ赤な色なので毒キノコ?かと思えば、食べることができるそうです。
14368125258028
ハナイカダの実も黒く熟しています。
14368125385675
オオバノトンボソウの可愛い花がトンボのような形になってます。
14368125489973

カエンタケと併せて、ナラ枯れの木の状況とカシナガ捕獲トラップの確認も行いました。
14368119370086 14368119489128 14368119722745 14368131512793

今日は久しぶりに晴れたのですが蒸し暑かったので大変でした。
14368122375231 14368142240347

 

| | コメント (0)

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »