« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月

2021/04/25

里山へGO!自然観察コースPART2

自然観察コースのハイライトは色とりどりのエビネです。

ヤブレガサの群生近くの右奥のエビネ。
0912 0911

以前実施した里山へGO!ではエビネが集中しているエリアでエビネ周辺の草刈りを体験してました。
このエリアの一番手前はエビネらしい色合いです。
1021 1022

その隣は濃いピンクの花が可愛いエビネ。勢いがよく株がずいぶん大きくなりました。
1131 1132

こちらは白い花と緑の萼の珍しいエビネ。
元々生えていた場所が毎年雨が降ると水没していたので、救出してここに移植しました。
1241 1242

こちらも大きな株です。
1351 1352

これは一番奥、斜面にある株です。
1461 1462

竹林ではタケノコが生えてましたが、今年はずいぶん少なくハズレ年のようです。
15_20210425171201

竹林から出て遊歩道を行くと小さなエビネが咲いてました。
1672 1671

こちらは階段の途中からちょっと離れたところのエビネ。
1781 1782

里山へGO!に参加される皆さんに保全活動の成果をご覧いただきたかったのですが、コロナの影響で開催できず本当に残念です。
次は秋に保全活動を体験していただくプログラムを開催予定です。

| | コメント (0)

里山へGO!自然観察コースPART1

4月24日に里山へGO!を実施していたらご覧いただくことができた植物・花を、自然観察コースの順に写真でご紹介します。
まずはコースの遊歩道左側の灌木のご説明です。
「ツリバナ」
花は本当に小さく色も薄いので気づかずに通り過ぎる人が多いのですが、秋になると真っ赤な実がなり、冬まで残った実はとても目立ちます。
01_20210425160101

「ウグイスカグラ(鶯神楽)」
3月に咲いていたピンクの可愛い花が実がなりました。もうしばらくすると真っ赤になります。
012

「ハナイカダ」
葉っぱの上にちょこんと花が乗る不思議な姿が、花が筏に乗っているようです。
013

「イチリンソウ」
坂を下ると左右にイチリンソウがの花が咲いてます。直径4cmくらいの真っ白い花です。
02_20210425160101
今週がちょうど満開でした。
022 023

あえて名前は載せませんが、こんな希少種もあります。
032

「キンラン」
03_20210425160101

「ハンショウヅル」
もうすぐ咲きそうな蕾です。
半鐘に形が似てるのでハンショウヅルと言いますが、今では半鐘を知っている人は少ないのでは?
04_20210425160101

「ミツバウツギ」
白い小さな花が咲いている木があり、近寄って見ると良い香りがします。
07_20210425164801

「ヤブレガサ」
3月にはうっすらと毛が生えた新芽だったのがこんなに生い茂り、破れた傘のようになりました。
05_20210425160101

コースの左側の奥にイチリンソウとニリンソウの群生があります。ニリンソウはイチリンソウと比べると小さな花で、そろそろ花期は終わりです。見分けのポイントは葉っぱの形です。
06_20210425164801

「ホウチャクソウなど」
奥の方の広いところには一面にホウチャクソウが咲いてます。
08_20210425164801
よく見るとホウチャクソウとは違う葉っぱに気づきます。ミヤマナルコユリとアマドコロのようです。
083amadokoro
これはミヤマナルコユリだと思います。
082  

PART2に続く…
 

| | コメント (0)

4月24日の緑地その2 エビネなど

この時期の緑地ではエビネもあちこちに咲いています。
フェンスの中だけでなく外にもいくつか株がありますがどれも大切に保護し、観察を続けています。
13939830090113

東京都の里山へGO!が実施できていればこれらのエビネも見ていただけたので残念です。
鮮やかなピンクの花のエビネ。
1393983418974413939834411170
こちらの花は真っ白です。
13939834326383
それぞれ、近くにあるのに違った花の特徴があります。
13939834521415

自然観察を行う予定だったコースの両側にはイチリンソウが花盛りでした。
13939830347117

自然の中で気の合う仲間と静かに一休み。
早くコロナが治って、おしゃべりができようになるともっと楽しいのに…
13939830446414

| | コメント (0)

4月24日の緑地その1 キンラン・ギンラン・ササバギンラン

4月24日は本来なら里山へGO!の開催予定日でしたが、コロナの感染拡大により東京都の判断で中止となってしまいました。
緑地の花が一斉に咲き、自然観察には一番良い時期なので非常に残念です。
そこで皆さんに緑地の自然の美しさを少しでも味わっていただくため、親林の会メンバーが撮影した写真をお届けします。

まずはキンランです。緑地のあちこちに咲いており、鮮やかな黄色の花がよく目立ちます。
大きな1株。
13939805721883
2株並んで咲いてます。
13939805824701
こちらは3株がまとまってます。
13939805895189
なんと5株が揃いました。
13939805974251
とうとう6株が集まっているのを見つけました!!
13939806071179

こちらはギンランです。キンランと比べると派手さはありませんが、綺麗な白い花です。
1393981793872413939817853613
同じ仲間のササバギンランです。花の形はギンランと見分けがつきません。
ギンランは花茎が葉より高く伸びてますが、ササバギンランは葉の方が上まで伸びているのが違いです。
1393981804992413939818132760
難しい事はともかく、キンラン、ギンラン、ササバギンランとこの時期の緑地は楽しい発見がたくさんあります。


| | コメント (0)

2021/04/18

4月21日緑地は花盛り

エビネが咲き始めました。まだ、つぼみの方が多く、来週には満開になると思います。
コロナの影響で24日に里山へGO!が実施できないのが本当に残念です。
Ebine_20210418152701
真っ白な花が咲く株、可愛いピンクの花が咲く株、それぞれ個性が違います。
Ebinesiro Ebinepink_20210418152701

緑地のあちこちに一面に咲いている白い小さな花はチゴユリ(稚児百合)です。
Chigoyuri

小さな花をたくさんつけたフデリンドウも見つけました。
Fuderindou_20210418154401

ホウチャクソウの花も目立つようになりました。
Houchakusougunsei Houchakusou_20210418154301

イチリンソウも一面に咲いています。
これは適正な時期にきちんと草刈りをした成果で、保全活動の嬉しいご褒美です。
Ichirinsou_20210418154901

こちらも保全活動の成果、草刈りと落ち葉掻きをした区域にキンランがたくさん咲きました。
Kinran1_20210418155201 Kinran1up
Kinran2_20210418155201 Kinran3_20210418155201

キンランの近くには、ササバギンランも咲いてました。
Sasabaginran_20210418155401 Sasabaginranup

足元の草花だけでなく木々の花も楽しみです。
コバノガマズミの白い花が満開になりました。
Kobanogamazumi
ツリバナのピンクがかった白い小さな花が風に揺れてます。秋には真っ赤な実になります。
Turibana_20210418155601

いつ見ても不思議なハナイカダの花。葉っぱにちょこんと乗ってます。
Hanaikada_20210418160101

ウグイスカグラは赤い実ができてきました。
Uguisukagura_20210418155601

おまけ:これはなんだかわかりますか?
Katakuritane

答え:カタクリの種です。
来年もたくさん咲くように、秋から冬にしっかり草刈りと落ち葉描きをしてサビ病を防止します!

| | コメント (0)

2021/04/11

4月11日の緑地の花

そろそろフデリドウが咲く頃だと探しましたが、いつものところには見当たりません。
今年は出会えないかと思い諦めかけましたが、今まで見たことのなかった場所で発見しました。
Fuderindo11 Fuderindo22

イチリンソウは昨日見た大群生以外の場所にもチラホラ咲き始めました。
Ichirinsou_20210411161001

イチリンソウとジュウニヒトエが並んでます。
Ichirinsoujuunihitoe

ジュウニヒトエ。
Juunihitoe Juunihitoe2

キンランも大きくなってます。
Kinran1_20210411161101

もうすぐ咲きそうなのもあります。
Kinran2_20210411161101

Kinran3

| | コメント (0)

2021/04/10

4月10日臨時作業と緑地の花

緑地の3カ所に観察用のトレイルカメラを取り付けました。
動物だけでなく、フェンス内への出入りも記録できます。
Img_5204
1カ所目完了。
13864884777673  

2カ所目です。
13864884933323 13864885058924
2カ所目取り付け完成!
13864885316308

3カ所目。
Img_5215 Img_5213

イチリンソウが一面につぼみをつけてます。
Img_5205Img_5209

13864890216235-2 13864890366447-2
13864891029505-2 13864890837691-2

エビネの花芽も大きくなってきました。
13864890610971-2

| | コメント (0)

2021/04/04

4月3日定例作業と緑地の花

久しぶりの定例活動には8名が参加しました。
Img_5181

この日の作業は裾野広場の整備です。4月24日に開催する里山へGO!では、この裾野広場で保全活動を体験してもらう予定です。
チゴユリが咲いてました。今年は暖かいので、もうツツジも咲き始めてました。
Img_5182 13827328707513
広場のあちこちに積み上げてある落枝や倒木を、集積場所をきちんと作って整理し、草刈りをします。
13827323837492 13827323962540 13827324523417
大きな枝、幹から集積場所に積んでいきます。
13827324112625
あちこちに乱雑に積んである落枝を集めます。
Img_5183 Img_5184
アズマネザサに埋もれている枝も掘り出して集めました。
Img_5185 Img_5186
Img_5187  
倒木の太い幹はチェーンソーで短くしてから運びます。
13827324382513 13827324247427
この場所はこれでほぼ完了です。
Img_5188 Img_5189
広場に並べた太い倒木の幹に腰掛けて休憩です。
13827324828265 13827324664511
この後、もう1箇所集積場所を作り、並行して広場の草刈りを進めましたが、広場にはまだまだ未着手のスペースが残ってます。
里山へGO!では、中級者は集積場所作り、他の皆さんには落枝の拾い集めを体験していただく予定です。

南西部区域のニリンソウは満開です。
13827328852148 Img_5191
ヤブレガサも大きくなりました。
Img_5190
イチリンソウのツボミが大きくなりました。
13827329025882
ボケの赤い花が咲いてました。
13827329113910

| | コメント (0)

2021/04/03

4月2日の緑地

緑地でモミジガサが目につくようになりました。
Photo_20210403064601

川沿いの区域ではイチリンソウが咲き始めました。ここの花はピンクがかってます。
1_20210403064801 Photo_20210403064801
花だけ写真で見るとニリンソウ?と思いますが、花がずっと大きく、葉の形が全く違います。
Photo_20210403064802  2_20210403064801
こちらが近くに咲いていたニリンソウ。この区域の花は花弁が丸みを帯びてます。
観察を続けていると、同じ種類でも区域ごとに微妙な違いがあるのに気づきます。
2_20210403065401 Photo_20210403065401

| | コメント (0)

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »