ようこそ 城山手「親林の会」ニュースのページへ!

このブログでは、親林の会の活動と緑地の花・植物の様子について最新ニュースをお届けします。
城山手の緑地は、東京都の八王子長房緑地保全地域に指定されており、緑地の一部区域は、植生を保護するためフェンス・柵などで立入り制限されています。このため、一部の花・植物について実際にご覧いただけないものがあります。このブログの記事と写真で緑地の豊かな自然をお楽しみください。

なお、このブログは城山手「親林の会」のホームページの一部です。
親林の会、城山手の緑地、散策コース、自然のアルバム、自然体験会についてはホームページをご覧ください。

| | コメント (0)

2023/02/05

植生保護エリアの草刈り 2月4日

今回から馬頭観音がある植生保護エリアの草刈りをします。
この植生保護エリアでは、近くの小学校や里山へGOの参加者に自然観察を楽しんでもらう予定があります。
早春に花を咲かせる植物の芽吹き前に草刈りを済ませたいと思います。

しばらく草刈りをしていない部分はアズマネザサの丈も高く、至る所に落枝があります。
Before_20230205085201

背丈よりも長い太い枝が地面に深く突き刺さっているものがあり、ナラ枯れの危険性が分かります。
(みんな笑顔ですが内心はこの場所で写真は勘弁してよ…と思ってました)
Rakushi_20230205091001

草刈りを始める前にまずは落枝を片付ける必要があります。
Rakushi1_20230205091401 Rakushi2

枝を拾い集積場所に運びます。
Sagyo0 Sagyo1

Sagyo2

長い枝、太い枝は集積しやすいようにカットします。
Cut Cut2

枝を抱えて集積場所に何度も運びました。
Sagyo3 Sagyo4

今回のメンバー(休憩中)
Kyukei_20230205092101

この後、刈払機で草刈りをして、落ち葉と草を集積しましたが作業に集中したので写真がありません。
作業後の写真を次回掲載します。

| | コメント (0)

2023/01/29

雪の斜面で草刈りと落ち葉掻き 1月28日

朝起きたら前夜に降った雪がうっすら道路に残っており、「今日の作業大丈夫か?」とちょっと不安になりました。
それでもメンバーが集まり活動開始。
雪が残るカタクリ保護区域の斜面を道具を持って慎重に登りました。
00

カタクリ保護区域を登ってフェンスの外に出たところに広がる斜面は、前回作業で半分以上は草刈りを済ませましたが、刈り取った草の片付けと上部の草刈りが残ってます。
01_20230129100501

大きなナラ枯れの木があるので、落枝が散乱しており、中には地面に突き刺さった枝もあります。
03_20230129100601 02_20230129100601

枝を拾って集積場所に片付けます。大きな枝は運べる重さにチェーンソーで切断しました。
04_20230129100801

上部の草刈りは、トゲのある草と刈払機に絡まるツルとの戦いです。
05_20230129101001

まだ雪が残る斜面で草刈りと落枝の片付けを手分けして進めます。
06_20230129101101

雪の無いところに腰を下ろして休憩。
Kyukei

刈り取った草と落ち葉を熊手で掻き集め、シートで集積場所に運び終わる頃には雪の下の地面が見えるようになってきました。
07_20230129101401 08_20230129101401

以前に蜂が出たことがある場所に半ば埋もれていた枝も集積場所に集めることにしましたが、意外と大きくて重かったのでチェーンソーで切断しやっと片付け完了。
09_20230129102001 10_20230129102001

この日は結構きつい作業でしたが無事終了しました。

| | コメント (0)

2023/01/23

カタクリ保護区域の草刈り落ち葉掻き 1月21日

今回はカタクリ保護区域の草刈りと落ち葉掻きの仕上げです。

階段側の急斜面斜面に残った草を刈り落ち葉を掻きます。刈払機は靴に滑り止めをつけて作業しました。
Photo_20230127090201

保護区域最上部の急斜面の落ち葉掻き。ここに落ち葉が残っていると他の部分に移動してサビ病の原因になるので、しっかり取り除きます。
2_20230127091201 1_20230127091301

休憩。
Photo_20230127092001

掻いた落ち葉はシートで集積場所に運び片付けました。
1_20230127090202 2_20230127090202

上部フェンスの外側も草刈りと落ち葉掻きをしました。奥の方では危険木の伐採のために牽引ロープも張ってます。
Photo_20230127090203 Photo_20230127091801Photo_20230127090202

伐採作業。
2_20230127090201 Photo_20230127090205

作業が終わりました。
1_20230127090203 Photo_20230127090204

 

 

| | コメント (0)

2023/01/14

カタクリ保護区域の草刈りと落ち葉掻き 1月14日

前回に続きカタクリ保護区域の草刈りと落ち葉掻きをしました。

前回は落ち葉掻きが一部しか終わらなかったので、草刈り作業をしていない箇所から落ち葉を掻いて片付けます。
8ae0ff0178e9d66687aa36a32c4cd524c67d901fD840a60a8fa6be25388af13c1f37b57a6cc0dd99

草刈りが残っていたのは上部の斜面です。急斜面では足を踏ん張って作業するので、平地の数倍疲れます。
4c531c3d796c2f51a6b84c708aaebb24977a479b

広い斜面の落ち葉掻き。
851e1c53a58dbca241df49be71027e73cad15420

休憩。
57c9aecc8d4c8681e2c6ac5ee8c256c0a7c2b420

急斜面は草刈りも落ち葉掻きも大変です。
14889c81e59e965fbcdf420861e2db355651744e F7e2499cd62adeb6fe24a204ca76094771d04598

掻いた落ち葉を集積。上部の半分ほどの面積の落ち葉でこんなになりました。
F6ecd13083aed48f5ae444372e61e4f90a723262

緑地入口からカタクリ保護区域に行く通路沿いの植え込みもトリマーで剪定しました。
5f99df34cfec7a695d0ba93e5589d9603ed0ffe1

カタクリ保護区域の大半の部分は草刈りと落ち葉掻きが済みましたが、まだ急斜面の一部が残っています。
De66d0918e66428f815759b9d0c1cca9c3e66868

カタクリ保護区域までの通路の落枝の片付けなども必要なので来週もこの区域での作業となりそうです。

| | コメント (0)

2023/01/07

初鎌(2023年活動初日)1月7日

新年最初の活動日なので、まずは緑地にある馬頭観音へ。お正月のんびりしたせいで身体が重く、急な階段を登るだけで息が切れます。
酒、水、塩、米を用意して下さった会員がいらしたので、皆できちんと安全祈願しました。
B68d2312d7cdf93a8eb80d724704c255860d7fbe 

その後、道具を持って今日の作業場所のカタクリ保護フェンスに向かいました。
この時期にしっかり草刈りと落ち葉掻きをすることで、サビ病菌が付着している可能性がある表層を綺麗にして、春にカタクリが芽を出すときにサビ病に罹るのを防止することができます。

まず、大量の落枝があるのでこれを片付けます。急斜面にも太い落枝がありました。
F46c68b69f1ec5e9e553956b108d46755e0ba776 D3a2207767325d683456349dafd4e7e3a7cf34803a484d18bb5db9e873ba9fdf7b13aa6cd5837053

続いて草刈りをしますが、斜面にはササと大きなシダ類がびっしり生えており、朴葉も混じった落ち葉が厚く積もってます。
里山へGOのカタクリ観察用に張ったロープ柵は落ち葉を捨てるのに邪魔になるので、一旦一部を外して作業しやすくしました。
B1e8522bd0e723212e2999f194686a680af1305b

刈払機4台フル稼働で草刈りを進めます。
7fe6a7e628e6c99a5694e7585a6c59979fe36792 D7abf6d28af131ebe67751260312cf227d1dc32b Dbbc95181ce4c2c2e7ca92decab5f1225d4520aa

休憩。
Dd3b8b0a988d1d4314c55e52bd1e1a0293b1a7d7

ある程度草刈りができたら、落ち葉と刈った草を片付けます。
E8451ff4a2609c5c7b7064cd0686cb4f597fe326 75d86b9aaf0c0738cd7e806094cbafc118849ab5

地表がかなり綺麗になりました。
3f5db779d960c93ab01fa8ca97b62ec760db8618

| | コメント (0)

2022/12/26

倉庫整理 12月24日

2022年最後の活動日はクリスマスイブ。

チェーンソーを整備、刈払機の刃を交換、鎌を研ぎ、備品を格納する箱にラベル貼り、倉庫を綺麗に整理しました。

3df6297664d933fd1527094f91470a5c07772d35

2cac5f3ee97cf8e89bf7d619b2ca77d7658f8395

新年を迎える準備ができました。

| | コメント (0)

2022/12/18

緑地保全(草刈りと伐採後の片付け)12月17日

今回の作業は、城山川沿いの植生保護エリアで12月3日に行った作業の続きになります。

Img_6358
まだ、草刈りと落ち葉掻きが残っている区域が残っているので、刈払機3台で分担し作業開始。
Img_6361

同時並行で前回伐採した太い木の幹を切断し通路沿いに移動します。
Img_6359 Img_6360   

前回草刈りした場所に残っていた草の片付けも行います。
Img_6362

草刈り・落ち葉掻き作業の前と後。
Img_6363 Img_6367  

片付け作業が終了したところで、竹杭と紐で囲っていたスミレの保護・観察区域にロープ柵を設置しました。
Img_6369

仕上げの草刈り。
Img_6365 

見違えるように綺麗になった緑地。
Img_6370 Img_6366

林床に十分陽が当たるようになったので来春のスミレの開花が楽しみです。

| | コメント (0)

2022/12/14

コナラ苗木の移植 12月14日

ナラ枯れの伐採跡の日当たりが良くなった場所に、コナラの実生を移植する作業を船田小学校の環境美化委員の皆さんに協力いただき実施しました。

今回移植作業を行ったのは船田小の一年生がどんぐり拾いをした場所です。
学校から作業場所まで案内した皆さんに、雑木林の自然、ナラ枯れ、移植を行う趣旨を説明しました。
36e5cb1c3a60fb0dcac92f8fdee9bcd5224b3ec5 54958be889df38fa1ec8ceddc07ca8d1ae3e4a32

その後、親林の会が10日に準備しておいたコナラの苗木を生徒の皆さんに植えてもらいました。
普段から学校の花壇の手入れをしているとのことで、手際良く作業していました。
63fd1fc2e7ff849b7037839aef48977c89a7f2e8 7ed2217a4cb4753f4e6f4d86727ed6b146d6222b

赤いテープを巻いた支柱を目印に立て作業完了。まだ細くて小さい苗ですが、参加された生徒さんたちが大人になる頃には、大きな木に育ってくれると期待してます。
985bf0aa3529d0a163c3f0ec4e45c9d758d1c1ef

最後に、緑地入口の看板のところで緑地について説明しました。
66e2002648696b48f8a965fd72aa9634c3e4a937

生徒さんを見送り、看板に移植について掲示し本日の活動を終了しました。
Hp

| | コメント (0)

2022/12/11

コナラ苗木移植準備 12月10日

八王子長房緑地のコナラ林再生のために、14日に船田小の生徒さんにも参加いただき実生で育った苗木を、日当たりが良くて周囲が開けた位置に移植します。
今日はそのための準備作業です。

まずは、移植に適した大きさに育った実生を選んで掘り起こし、とりあえずポットに入れておきます。
Ab3fc0345c26743718aca66dfec1c4c1bfeac2a4

続いて移植に適した場所とそこまで行くための斜面の草刈りをします。
E84bda9d16e5ba506af9106ab0a75b40697c60d6

草刈りが終わったら刈り取った草を片付けます。
333d93feff9bdcd7dc2f18b9c94900f75c01d9d2 31df2636c8ba9ce02e287f6b8cc23a0d2bf7c359

8963e768591535e2ee4b2a7e2a20e4c265755789

休憩。
882722dfcc79afac262352209156522cf64483da

準備ができました。
A1e8d969b833b7cc1784191b4d11a19817e8aa97

| | コメント (0)

2022/12/07

草刈りと危険木伐採 12月3日

緑地の西部保護区域内の城山川のフェンス際に落枝・倒伏の危険がある枯損木が3本あったので伐採しました。
どの木をどういう順番でどの方向に倒すか慎重に検討し準備します。
343fd8d527825d70ff40073540eef534eb806ee2

フェンス側に倒れないようにロープでひっぱりながら伐採します。まずは一番川に近いこの木から伐採しました。
F5ea27845537a34550eb2998837ba68f68e3da11

伐採したら枝を払い、幹を切断して片付けます。
68174d1899bb68a110102a973d1a821df471a367

2本目はこの木。できるだけ高い位置にロープをかけるよう頑張りました。
65ea0dfe6b5efb9f0459fc4948c7150470b1c6ff

ロープを張って滑車も使って引っ張りました。
D6e9cf02b1ecf8d685064a8b151f066976b89016

2本目も伐採できました。
8be3de1cdfa5487f7b84736d54284f5c2755c74c

無事3本目も伐採し、片付けられるようにチェーンソーで切断しました。
2abc4ffe722649f59aa6ee18a0483df3099fdbc2

同時並行で草刈りも進めました。
Ab96407f1044ac552f5f2e42cb7875e666ff7615 9ca29f31b9ce3752eb9bf57f1a102f058d1d4745

刈った草を集積するため、熊手でかき集めておきます。
654645f75d00c18c76d47575016b2d29a90b83ac

草を集積場所に片付け終わり、緑地の林床に陽が当たるようになりました。
598c7fa6e9608157eedeecb01b58e686f71f8730

この区域の危険木伐採と草刈りは今回でほぼ終わりました。

| | コメント (0)

«臨時作業 11月27日